花  想
HOME 霧が峰に咲く花(初秋) 草紅葉 秋の七草 群生(霧が峰) 入笠山の6月 入笠山の8月 入笠山の9月 11 12
花想う
旅先でそして身近にて心癒され、安らぎを覚えた花々を掲載致しました。
心優しいあなたが訪れて下さることを・・・

秋の七草


ススキ(尾花)
花穂が獣の尾に似ていることからこの名前に
花言葉 「心が通じる」



ナデシコ
日当たりの良い草原に生息
我が子を撫でるように可愛い花であることから名前が付けられたとの事
花言葉 「貞節、長く続く愛情」



 
フジバカマ
花の色が藤色で、花弁が袴のようであることからこの名前が
桜餅のような淡い香りが・・
花言葉 「あの日を思い出す」




大和の国(奈良県)のくずと言う所がくず粉の産地であったことから命名
花言葉 「芯の強さ・恋のため息」



桔梗
開花前花びらが互いのふちでくっついたまま膨れていく
つまむとプチュッと水が出る
(花が可哀相なのでつままないでね♪)
花言葉 「清楚・気品」

オミナエシ
美女を圧倒する美しさから命名されたと言う
花言葉 「約束を守る」



毎年新しい芽を出す(生え芽)となり、次第に「萩」と変化
花言葉 「柔軟な精神」


秋の高原に心地よい風が吹き渡り 女郎花の花が彩りをそえ
その傍らにススキの穂が人生を投影しているかのように
いつまでも心の奥にやきついて・・
箱根・湿生花園にて