旅 想

HOME 中仙道・下諏訪宿 長崎・島原 那谷寺 白骨温泉と松本 5 6 7 8 9 10

那 谷 寺                               黒部峡谷へ

1009/11/07 静岡空港16:35 出発→小松空港17:55 着→小松宿
1009/11/08 那谷寺→白鷺3号→アルペン1号→宇奈月宿

     石山の 石より白し 秋の風  芭蕉

那谷寺は自由信仰の寺、717年越の大徳泰澄神融禅師(たいちょうぜんゆうぜんし)により開創された。
986年西国三十三箇所第一番紀伊の那智山と第三十三番美濃の谷汲山の各一字をとり那谷寺と改められた。

那谷寺は森の中の自然の曼茶羅の寺院として大切に守られている。

那谷寺の秋、自然は美しく蒼苔の上に鮮やかに紅葉ちり、境内は静寂に包まれ私達が忘れかけた往古の事を
そして悠久の歩いてきた道を思い出す。

緑樹の陰やせせらぎの音とはなじみの深い木の葉が隠れの小堂や白き岩山をのぞめば観音菩薩の
無言の説法が聞こえてきます。

              2009/11/08(雨の中 訪れる)